ねこをおもう

お休みの日は、いつもよりゆっくり眠って、食べて、部屋を片付けて。この頃なにも予定がない日は、そんなふうになっています。動けないときは無理しないでもいいや。お天気良くても外に出なくてもいいや。これで猫がいたら最高だけど。

先日、蟻のユウナさんに誘われて、ビジョンマップの会に参加しました。短い時間の中で目にとまった写真や言葉を切り抜いて、一枚の画用紙に思い思いに貼っていきます。

その時、猫を貼ったんだけど、最終的に上から違うものを貼った。

一緒に暮らすのは、もうちょっと先なんだろうな。

ミルク用の敷物を織って、糸始末をしています。これを渡すのはいつになるのかな。

歩くこと

最近あまり歩かなくなっています。

神奈川にいた頃は毎日8〜10キロくらい歩いていましたが、今、工房への行き帰りはほとんど自転車で、少し遠出するような時は誰かが車に乗せてくれます。

この頃よく雪が降って、ある朝、出発の時間になっても溶けていないことがありました。

自転車でも余裕で走れる感じはあり、どうしようかなと少し考えて、でも、凍っている地面は危ないので歩いて行くことにしました。

家を出て通りまで行くと、まだタイヤを換えていないのか、ゆっくりと走っている車がいました。なんとなく、自分の足元にも緊張がはしります。

川沿いの道を歩いて、途中で曲がって、大きい道路に出ます。その、曲がったところで、一本の木に目がいきました。

ちいさい赤い実が、なっていました。

すぐに雪ウサギが思い浮かびました。これを雪ウサギの目にしたらちょうどいい。

実が落ちていないか辺りを見回しました。

予想通り、いや予想以上に大きい、赤い実をつけた房が、雪の中に埋もれていました。

二粒あれば十分だと思っていたのに、こんなにたくさん、どうしようかと少し考え、そっと拾いました。

房は凍りかけていて、指先に冷たさが伝わってきます。足元にも注意しながら、冷たい実を持ったまま工房まで歩いて行きました。

途中、歩道の脇に生えている草を見て、雪ウサギの耳になるかどうか判断している自分がいました。雪ウサギをつくるかどうかもわからないのに。

工房に着いてから、実をティッシュにくるみ、鞄に入れておきました。

夕方家に戻ってから取り出すと、実は転がり落ちることなくしっかりと房についていました。

このまま部屋で乾燥させることにして、ミシンテーブルの上に置きました。

雪ウサギの目に、ほんとうにちょうどいい実だなぁと、何度も思います。

歩くのが、すき。

トリのこえ

縫製をお手伝いしている工房のアトリエ。川をみながらミシンをふんでいたら、聞き覚えのある声が聞こえました。

これはきっと白鳥に違いない。

視線を空に向けると、大きく羽を広げて、1羽だけ、飛んでいました。

もう、冬なのかな、紅葉もまだなのに。

白鳥の声はけっこうでかいです。来たよ、と叫んだのかもしれません。

何羽か一緒だと、綺麗な列をつくって飛びます。綺麗です。

鳥を見るのが好き。

鮭の遡上と白鳥の飛来、日に日に黄色くなっていくイチョウの葉。

ぜんぶ、自然な流れだなぁ。

カリン

先日、工房でカリン染めをしました。カリンは枝や葉っぱから色がとれます。押切りという道具で葉っぱのついた枝を5〜6センチに切ります。1キロちょっと、欲しかったので、乾燥した枝を何本も切りました。ひたいに汗がにじむくらい、力のいる作業でした。

より色が出やすいように、アルカリ抽出という方法で煎じます。

香ばしい匂いが染め場から漂ってきます。昨年採取された枝だったそうですが、色は出ました。

染め場に2つの小さな木っ端がころがっていました。これも入れればよかったなぁと思いながら、でももう煮出しが終わった後だったので、持って帰りました。

染液に浸かった羊毛は、優しいミルクティみたいな色をしていました。媒染する前の、その色が、好きな色でした。いつかこういう色で、あたたかい布を織りたいな。

翌日、銅媒染をしました。酢酸銅を使いました。劇薬ではありませんが、すごい鮮やかな色が付いている粉。なんだかノドが痛いような気持ちになりました。実際には痛くないのかもしれないのに、痛いような気になるなんて…色って不思議。

銅媒染によって赤みの茶色に変化した毛。

この毛を使って、紡がれた糸を、実はなんと私が織りを担当するらしいのです。工房に来て一年、木綿の風呂敷やウールのマットなどいろいろ織りましたがそれはいつも紡績糸。手紡ぎ糸、ホームスパンを織ることは初めてです。

このカリン染めの毛が、どんなふうに布へなってゆくのか…楽しみです。

さて

自分の機は、休眠モード。ミシンと型染めの仕事がひと段落したら、また再開しよう…。

それから

blogも、もうすこし頑張っていきます。

二年目の秋

盛岡に暮らし始めて、今日でちょうど一年が経ちました。少しずつ感じる冷たい空気が、ここに来たばかりの頃の気持ちを思い起こさせます。期待と不安で心細いような、でも、ここで頑張るんだという強い気持ちのような。

時々 遠くに散歩をしても、旅をしても、帰ってくるのは、ここなんだなぁと、思った。ぜんぜん知らなかった街なのに、今はもう、知っている。

どんな気持ちを持って生活していくか、ちょっと見直してみようかな。

今、学んでいることを、どんな風に生かしていけるかな。

挑戦したり諦めたりしながら、少しずつだけど、前に進んでいきたいな。

淡い色の三毛猫がいた