ひとつずつ

年始に降り積もった雪がほとんど溶けてしまい、ただただ寒い空気だけが漂っています。

いっぱい降って積もる雪のことを、ドカ雪と言うらしいです。関東では使わない言葉に、初めて聞いた時はちょっとびっくりしましたが、今はもう慣れました。盛岡の積雪量が実はそんなに多くないからです。

それよりも、溶けかけた雪が寒さで凍る期間の方が長いのです。デコボコ、ツルツルの地面は、車も歩行者もほんとうに気をつけなければなりません。

焦らず、ゆっくり。東北の冬は、静かです。

フワフワの原毛。

そう、前回のつづきを少し。

カードをかけた原毛、この後に、ちょっと根気のいる作業が始まります。

原毛を光の方向へ透かすと、つぶつぶが見えてきます。つぶつぶは、小さな毛玉、すごく短い繊維の残り、羊の体に付いていたワラやゴミなどです。これをピンセットでひとつずつ取り除いていきます。

マフラーやショールに使われるメリノやポロアスなど細番手の毛は柔らかく、特につぶつぶが多いです。つぶつぶが多い時はとても時間がかかります。

糸に紡ぐ前の、大事な仕事。ていねいにていねいに、取ります。

ひとつひとつが、ホームスパンの工程のひとつ。

そして

2月にイベント出店のお誘いがあったので、染めた原毛、紡いだ糸、織った布、今できることを考えて、手を動かして、進めていきたいなと思います。

一歩、一歩。

ホームスパン

長い冬休みがようやく終わり、工房は今日が仕事始めでした。

盛岡でホームスパン工房の内弟子となり、二回目の冬が来ています。

この頃、修行が終わったらどうするのか、よくみんなに聞かれます。

長いようであっという間の三年間。少しずつ、方向を考えながら、今、この盛岡での生活も楽しんでいたいという思いも持ちながら、冬休みを過ごしていました。

年明けに、工房の大先輩のアトリエをお借りして、染め物とカードかけという作業をしてきました。

今回カードをかけたのは二色の原毛で、一つは機道具と一緒に譲ってもらった藍染の原毛、もう一つは工房で先生のと一緒に染めさせてもらった桜の原毛です。桜は銅媒染。剪定してからわりとすぐに染色したので、濃い目の色が出ています。藍染のほうはおそらく生葉染めです。

色と色をまぜて、色をつくるのですが、原毛の段階で色づくりができるところがホームスパンの醍醐味のひとつといえます。糸染めにはない深い色合いが出せるからです。

色の割合を決める作業を色出しと言って、少量の原毛を0.1g単位で調整しながら混ぜていきます。

手持の原毛を混ぜてみて何種類か色出しし、気に入った色合いのもの二種類を今回100gくらいずつつくることにしました。

ミックス中の原毛は、不思議な色合いなことが多いです。

でも、何度も何度も混ぜていくと、いい色になっていきます。

だんだんと混ざり合う二色は、暮れていく空の色のようです。

この続きは次回、またご紹介致します。

今年は、ホームスパンのことを中心にblogを進めていきたいと思います。

そう言いつつ、散歩や旅やねこの事などもたくさん書いてしまうかもしれませんが。

今年もどうぞよろしくお願いします。