いろいろな

8月に入ってから、カフェで働いています。

7月に働いていたカフェは住宅街の中でしたが、今は標高の少し高い場所にあるカフェです。

この仕事の間は、古い日本の家に住みます。

そこは涼しく、もう長袖で過ごせる季節になりました。

 

いろいろな場所から、この夏ひとつのカフェに集まったいろいろなひとたち。

馴染みの人も、初めて会う人も、みんないい顔して働いている。

ここでの生活を、暮らしを、楽しんでいるからかな。

 

カフェのギャラリーにはいろいろな作家さんの作品があります。

シュガーポットを、買いました。

 

いっしょに働いた、ゆうこさんの器です。ふたに付いているのは、なぞのやさい。

時間ができたらこれに合う木のスプーンを彫ろうかな。

 

そしてもうひとつ、土間で展示をしていたPAPER ART WORKS さんのピアスも。

 

手漉き和紙で作られたアクセサリー。

いろいろな色がありましたが、さりげない感じで使いやすいとのアドバイスを受けてこれにしました。

お手製の、活版印刷の台紙もすてきです。

 

いろいろな人と過ごす夏。

 

夜に

東京駅

先日の、夜の東京駅。

友人とお食事をしてお店を出ると、昼間とは違う東京駅の姿がありました。

人もまばらで、静か。

 

駅を外からじっくり見ることは、意外と無い気がします。

旅行に行くと駅舎を撮ることもありますが、大抵、駅前はロータリーになっていて、バスやタクシーや人がたくさんいて、おちおち写真撮影をしていられなかったり、きちんと駅全体を収めることが難しかったりします。

せっかく東京に来たのだからと、案内してくれた方が写真をたくさん撮ってくれました。

私は駅舎をパチリ。

小さな大都市、東京。

こういうオフィス街も、たまには良いな〜。

自然が好きで、人がたくさんいる場所はあまり行こうとは思わないけど、こうして一歩外側に出てみると、自然とは違う景色にふれて、それが良い刺激になります。

そんなこんなで、発注してからしばらく手を付けられずにいた晒木綿、ようやく下処理をして染色に入ります。

完成したら、またこちらで紹介します。